増税後の住宅購入時の補助金について

2019年10月に消費税10%が適用されましたが、増税後もお得に住宅が取得できるよう、税制優遇・補助金の支援策がございますのでご説明いたします。

1.すまい給付金の増額

すまい給付金は、消費税率引き上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設された制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円給付されてましたが、消費税10%時は収入額の目安が775万円以下まで拡大し、最大50万円給付されます。

詳しくはこちら(http://sumai-kyufu.jp)

2.住宅ローン減税(控除)の拡充

住宅ローン減税とは、2019年10月1日から2020年12月31日までの間に入居した場合を対象に、毎年の住宅ローンの残高の1%を金利負担から軽減してくれるものです。消費税8%の時は10年間の控除でしたが、増税後は13年間となります。

詳しくはこちら(http://sumai-kyufu.jp)

3.次世代住宅ポイント制度の創設

住宅購入に対して、様々な商品と交換できるポイントが発行されます。一戸当たり最大35万円相当のポイントが付与されます。(消費税10%適用住宅で2019年4月1日以降の契約・着工をし、2020年10月1日~3月31日のお引渡しの方が対象)

詳しくはこちら(https://www.jisedai-points.jp)

4.住宅資金贈与にかかる贈与税の非課税枠の拡大

両親や祖父母など人から財産を譲り受ける場合で住宅取得が目的の場合は、贈与税の基礎控除額110万円に加え、消費税8%の住宅なら最大1,200万円だったのが、消費税10%の住宅なら最大3,000万円までが非課税になりました。(住宅用家屋の取得等に係る契約の締結日が2019年4月1日~2020年3月31日の場合)